野宿の旅で観光したくなったとき、荷物をどうするか

野宿をしながらの旅に出る理由は様々だと思います。私のように湖を見に行くとか、京都まで歩いてみようだとか、単純な理由も多いでしょう。

 

行く先々では花祭りが開かれていたり、露天が出ていたり、何かのイベントが行われていたりします。基本的には歩き疲れてあまり体力がないので通り過ぎるだけなのですが、たまには見物したくなることがあります。

 

そんなとき、重い荷物を背負っていてはゆっくりと見物も出来ません。人混みの中では邪魔にもなりますし。

というわけで、そんなときにはコインロッカーを探すのがおすすめです。

コインロッカーの探し方

 

しかし道ばたにはコインロッカーは置いてありません。コインロッカーを探すには、まず駅を探すことになります。駅にコインロッカーがおいてない場合はあきらめましょう。たぶん、どこにもおいてないか、見つけにくいところにしかありません。

 

駅を探すのは、他のものを探すよりだいぶ楽です。道路上に看板が出ていることも多いですし、なにより、いざとなったら人に聞けば教えてもらえます。街角の町内地図なんかも頼りになりますね。

 

静岡県で滞在することになったとき

浜松城

 

野宿の旅の途中、しばらく同じ地域に留まったことがあります。事情により、連絡がつくまで動けないことになったのです。

 

仕方がないので町中を観光して過ごすことにしたわけですが、やはり、そういうときにずっと荷物を背負っているのはつらいものです。重いし目立つしと、旅が中断されてしまっていると、野宿用の道具というのは邪魔でしかない。

 

そこで、駅のコインロッカーに荷物をしまって、身軽になってから町中を見回りました。駅の地下ではパンを食べ、図書館で一冊本を読み、ゲームセンターの様子を見たりしながら道に迷いました。

 

ちょっと離れてはいるけれども、旅をしていればそのくらいは一日で歩く程度の距離にあった動物園も訪れました。ずいぶん山の上にあって、バスが横を通り過ぎるたび、この辺歩いてくる人はいないんだろうなと思ったり。

 

野宿用の荷物を下ろして身軽になっていると、軽い足取りも新鮮で、ちょっとくらいの遠出は全く苦になりません。

 

野宿に慣れて、体力がついてから

元気な旅人

 

とはいえ、私も最初は観光をするような余裕はありませんでした。最初に決めたルートを歩き通すだけで精一杯で、いくら荷物を下ろしてでも、余分に動き回る体力はなかったのです。

 

旅を続けていると、だんだん体力がついてきます。一度に食べられるご飯の量も増えてきます。観光をすることを考えるのは、それからでもいいと思います。

 

それまでは野宿の旅を完遂するほうを優先した方がよさそうです。